So-net無料ブログ作成
検索選択

残業は悪か? [経済]

近頃、残業時間について、



厳しくなってきたのを感じます。

zanngyou.jpg

私の会社では、多い人が80時間を超える人が、



数名いたのですが、



労働監督署から、指導が入り、



残業時間を減らすように促されました。



そこで、人を増員して、一人当たりの残業を減らす取り組みをしています。



残業時間が多い人は、残業手当が減り、



収入が減ったと嘆いています。



まあ、彼らには、残業手当は魅力あるものだったんですね。



私は、残業は必要に迫られたときにしかしませんが、



彼らは、何も工夫せず、残業時間を延長するような仕事のやり方をしています。



会社は、残業した分については、すべて、手当として支払います。



こうしたこともあって、残業時間は必要とした人もいるのは事実です。



残業は必要なのでしょうか。



そもそも、残業は、繁忙期の為にあるもので、



36協定の中で、取り決められています。



私も繁忙期には残業をして、何とかやり過ごすという方法をとりますが、



お客さんの要望の多様化によって、



引き起こされるのが多いです。



お客さんが困っているときに何とか対処しようとするのは、



プロとして、黙っていることはできません。



こう書くと、また一部では、



社畜だとか言われかねませんが、



私は、会社にいる限りは、



お客さんに対して、ベストを尽くしたいと考えています。



そこで、残業が多かったり、少なかったりとするのですが、



すべては、お客さんによるものだと思います。



残業は悪だ。と言われるこのご時世、



残業と言っても、様々な種類があることを声を大にして言いたいと思います。




スポンサーリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。