So-net無料ブログ作成

新人教育って難しい [掃除]

新人が入って早、2か月半。




新人教育をしている最中ですが、




本当に今の新人は、面白いことがたくさんあります。




例えば、掃除。




オフィスの掃除をまず教えているのですが、




床を拭くモップの使い方がわからないそうで、




「学校でやったことがないの?」と尋ねると、




「やったことはある。」




という返事が返ってきたので、やらせてみると、




モップを、引きずって歩き回る始末。

moppu.jpg


すかさず、床を拭くには、モップを床に押し付け、




汚れを取るために、前の方にモップを持ち、ある程度の力を入れて、




拭いてくれと、指導しましたが、




どうも、わからないといった様子。




実際私が手本を見せても、?




次に、ゴミを塵取りで拾う作業が




やったことがないというので、




これも、やって見せたのだが、




これもいまいち。





家で自分の部屋の掃除はどうしているのかと聞くと、




親がやってくれているとのこと。




こんな新人は初めてで、




私もどう接していいかわからなくなります。




過去に新人が入ってきたのですが、




こんなケースは初めてです。




こりゃちょっと無理かなあ。と思い、




上司に相談をすると、




今は人が入ってこないので、大切にしてくれとのこと。




この調子じゃ、




1年は仕事にならないのかと心配です。




新人教育、改めて、難しいと思いながら、




彼には、頑張ってもらおうと、




日々、苦悩しています。

家事えもんって何者? [掃除]

最近、よくテレビ番組で、
家事えもんという人物を見かけます。

この家事えもん実はお笑いのジューシーズの一員で
松橋周太呂という人物です。

彼は、掃除能力検定士5級という資格を持っているということで、
お笑いはとれなくても、汚れは取るといった、
ある意味、すごい人なのです。

更に、料理も得意で、
余り物を使用し、絶品料にに変えてしまう。
彼曰く、掛け算レシピと命名していて、
本当に余り物で、しかも簡単に出来てしまう。

今日は、[得する人!損する人!]でポットの焦げを
簡単に剥がす方法をやっています。
ポットを鍋に入れて、重曹を溶かし、煮ると言った手法を
やっていました。
また、ジーンズでポットを磨くと良いらしい。

料理では、
そうめんを使いこれをクロワッサンに変えてしまう。
まずそうめんを茹で、バター、砂糖、を使います。
そうめんにバターと砂糖をなじませ、
割り箸で、そうめんを巻いていき
クロワッサンの形に持っていきます。

出来たものに上からバターを塗っていきます。
また、刷毛がない場合は、キッチンシートで
代用すると言った知恵がみられます。

そして、200℃のオーブンで10分焼くと完成。

そして、スタジオでは、美味い、やばい、と感嘆

本当に家事えもん恐るべしです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。