So-net無料ブログ作成
検索選択

朝起きたら、イカが… [釣り]

今日、朝起きたら、玄関に発泡スチロールが一つ置いてありました。




非常に怪しい。




恐る恐る開けてみると、




中にはイカがびっしり詰まっているではありませんか。

IMG_0043 (640x480).jpg


そういえば、昨日会社で、イカ釣りに行った同僚がいたのを思い出し、




釣れたら、やるよ。と言っていたのを思い出しました。




釣れたんだ。




と思い、感謝とともに、イカは今高いんだよなあ。




昨日、ブログで記事にしていたばかりで、




イカに関することは書いてしまっていましたので、




今日は書くことがないと思っていました。




それが、今日にイカがもらえるとは思っていませんでしたから。




ちなみに今日は、嫁の親が遊びにくるということで、




丁度、、イカをごちそうさせてもらおうと思っています。




今日から、接待ということで、ブログ更新ももしかしたらできないかもしれませんが、




年に数回しか会えないので、そちらの方を優先させたいと思っています。
(嫁はうんざりしている様子。)




貰ったイカ、今日は、食卓にどんな姿で出てくるか楽しみです。





函館でイカ不漁、しかし、積丹は大漁。 [釣り]

今月、ブリ釣りに出かけていましたが、




その時、気が付いたのは、イカ釣りの客が多かったのが印象的でした。




今、日本海では、イカ漁が最盛期です。

maika.jpg


函館では、イカが不漁ということで、まだ、イカの高値が続いています。




しかし、積丹半島の沖では、イカが大漁だということです。




何故かというと、どうも、海水温の影響らしいです。




函館では海水温が高いため、イカは、海水温が低い積丹半島へと




北上していると専門家は言います。




じゃあ、イカの高値は、なぜ続くかというと、





イカを原料に使う、会社が、また、イカが手に入らなくなるのではと、




買い占めているからだそうです。




確かに、売れるとなると、相場は高くなりますよね。




この前に、ブリ釣りに行った時も、




一人で、500杯のイカを釣った人がちらほらいました。




お店では、25杯入りの1ケースが5000円で売られていたのにびっくりしていました。




そんなイカを500杯ですから、金額にすると、10万円の価値があるということになります。




そりゃーブリよりもイカに夢中になるのはわかります。




今月の末にも私はブリ釣りに出かけようと思います。




その時は、まだ、イカがいるのでしょうか。




そして、ブリの大漁を願って、また、釣り道具のメンテを行っていきます。

今年初の船釣り [釣り]

今日、AM2時に起き、2時半過ぎに車で、港に向かいました。




ちょっと距離があるので、2時間くらい要します。




出港は5時の予定です。




私としては、ゆっくり行きたいので、




早めに家を出ました。




港に行く途中、道沿いや、空き地、駐車場などは





釣り客で、車がたくさんあり、





こんなに釣り人口って多かったっけ?





と思いながら、港に到着。





もうすでに、ほかのお客さんたちは、すでに準備していました。





私も、時間に余裕はありますが、




他の人達を見ていると、何故か急いで支度していました。




そうこうするうちに、船頭さんが来て、乗船、そして出港。





今回は、ヒラメ釣りです。


100826hirame.jpg


ちなみに、北海道のヒラメ釣りは生き餌を使わず、




オオナゴという小魚のエサを使います。




この小魚に2本から3本の針を付けて、





おもりのようなバケという500グラムあるものを一番下につけ、


bake.jpg


釣り方は、竿を持って、上下に振ります。





生餌であれば、そのまま、置き竿でもいいのでしょうが、





使っているエサは生きていないため、アクションを加える必要があります。





そして、ポイントに着き、




竿をしゃくること、すぐに当たりがあり、





40センチくらいのヒラメが上がりました。





他の人たちも、次々とあげていきます。





皆、1枚から3枚釣ったところで、




ピタリトあたりが止まり、




3時間ぐらい竿を上げ下げの筋トレです。[もうやだ~(悲しい顔)]




そのうちに、ポイントを換えてはやってみたのですが、




ぽつぽつとしかつれません。





そうしているうちに、終了時間となり、




私の釣果は、40センチ3枚、45,48,62センチの6枚でした。





この結果には、ちょっとがっかりでしたが、




きれいな海に囲まれて、天気も良かったので、




今年初の釣行は、楽しかったです。




そして、家に戻り、近所のいつもお世話になっている人へ




ヒラメをあげました。




すると、ヒラメのお礼といって、





アスパラを持ってきてくれました。

asupara.jpg



今年のアスパラは、気温が低いせいか、




細い感じがします。





それにしても、今の時期にしか味わえないアスパラです。






ありがたく頂戴し、良く味わって食べようと思っています。
(豚バラを巻いて、塩コショウで食べるのが好きです。)





今、ようやく釣り道具も洗い、




片付けも終わって、一呼吸しているときにこのブログを書いています。






何とも言えない心地よい疲れが体を支配しています。






今日は、風呂入ったら、





深い眠りにつくことは間違いありません。





冷蔵庫には、こぶ締めしたヒラメがあります。





今日はこれが食卓に並ぶことでしょう。





ヒラメと言い、アスパラと言い、自然に感謝です。














サクラマスゲット [釣り]

昨晩の夕食は、



知人からもらったサクラマスの塩焼きでした。



今年のサクラマスは、不漁です。


毎年、私も2月ごろに、船釣りで狙っていましたが、



船頭からの情報だと、今年は全く釣れないということだったので、



行っていませんでした。



そんな中、実家の知人が、



ルアーで、海から釣りあげたというサクラマスをもらって、




あまりの大きさに、余しているということで、

sakura.jpg

実家からもらってきていました。



そして、昨日、いざ、実食。



やはり、サクラマスは、脂の乗りもよく、



とても美味でした。



たぶん今年のサクラマスは、これで最後だと思います。



去年は、私が釣った数は、総数40本くらいになったのですが、



今年はゼロです。



毎年、数が激変しているのには、



何か理由があるのでしょうか。



専門家によると、



海水温が、どうたらと、言っていますが、



本当のことは分かりません。



また、サクラマスと同様、イカも不漁で



函館のイカ加工会社も倒産しているとのこと。



本当に、自然というものは、人間には想定不可能だと思い知らされます。



話が脱線しましたが、



サクラマス、来年は豊漁であることを願います。

爆釣!!80リッタークーラー満杯 [釣り]

昨日は、久々に
釣りに行きました。

場所は日本海(北海道)

朝、6時に現地に到着。

車から道具を降ろし、

船に積み込んで、

6時半に出港しました。

気温は14℃で天気は、晴天、風は山から弱いながらも
吹き込んでいます。

船を出して、20分位で
ポイントに到着。

このポイントは、
五目釣りが楽しめるということで、

仕掛けは、8本の針のついたもので、
針にはキラキラ光るシート状のものが
付いているものです。

餌は、赤く色付したイカを短冊にして
針に付けまして、
その仕掛けを海に投入。

水深140メートル位で海底に着き
そこから、1m位巻き上げて、

竿を揺らし、
魚を誘います。

そうすると、
一投目で早くも当たりがあり、
電動リールで巻き上げていくと、

「柳の舞」、「タラ」
が一匹ずつ上がってきました。


それを皮切りに、
仕掛けを投入するたびに
魚が上がってきます。

多い時には、8本の針に
全て、魚がかかっている状態でした。
こうなると、
狩猟本能の目が覚め、
アドレナリンがどんどん出まくっているのが
わかるくらい、
体が動きまくっていました。

そうして、沖釣りをやめ、
岸に近づき、
ヒラメ釣りを開始、

ヒラメ釣りは、
関東の方だと、
活餌を使うのがポピュラーですが、
北海道では、
「バケ」と言われるおもりを使って、

bake.jpg

餌は冷凍オオナゴを使います。


これも竿を使って、上下に竿を振るのですが、
これがまた、重労働。
以外にバケは重いので、
腕がパンパンになるのです。

ヒラメ釣りは、1時間ほどしかやれず、
45センチ位のヒラメが2枚しか上がりませんでした。

そして、帰港。

今回の釣果は、

タラ       50センチ~70センチ  20匹
ヤナギノマイ   30センチ~40センチ  32匹
ホッケ      40センチ        1匹
ヒラメ      45センチ~50センチ   2匹


と、なかなか満足出来る釣果でした。


この魚は親と近所に全て配り、

自分のところには、ヒラメとヤナギノマイ、タラを
少々キープし、
今日、晩ごはんとして、(刺し身、フライ)
テーブルに並びました。

やはり、沖で締めて来たかいがあり、(血抜き、下処理)

とてもうまかったです。


また、来月も行ってみようかと
思っている私です。

釣りに行ってきまーす。 [釣り]

今、釣りに出かけようと準備しています。

今日の釣りは、沖へ出て、
五目釣り、の予定です。

そして、後半には、ヒラメ釣りの予定です。

しかし、仕事だと朝早く起きられないのに、
釣りになると、体が反応して、
朝早くから、
目が覚めました。

どうして、こうなるのか?

よくわかりませんが、

人間、自分の本当にしたいことがあると、
体が素直にいうことを聞いてくれるんでしょうね。

今、外はまだ暗い。

これから、クーラーに氷を入れて、
海まで1時間ドライブです。


今日の釣果は
どうなんでしょう。


今は、私のデジカメが壊れていて、
残念ながら画像は
お見せできませんが、


帰ってきたら、

このブログを通して
報告させてもらいます。

では。

三連休で何やるの? [釣り]

今日から多くの人は三連休ですね。
私は明日、車の点検に出かけます。
そして、夜、ブリ釣りに向います。

知人もカラフトマスを狙いに車で5時間かけて向かうそうです。

しかし、台風の影響があり、雨が降っています。

皆さんは、三連休何をしているのでしょうね。

三連休で地方の方では、祭りを開催しています。
うに丼先着100名500円、さくらんぼ食べ放題、ワイン比べ飲み、
などなど、三連休に向けて、イベントが目白押しです。

やはり、休みになると、どこかへ出かけたくなるもので、
そこで、思い出つくりに、投資するのです。
投資することで、経済効果が上がり、
景気が良くなるのです。

休みの日には、家で読書もいイイです。
本を購入するのも投資だと思います。
本には、先人の知恵がたくさん書いてありますから。

私は、釣りにも行きますが、
本も好きです。

最近は、時代物の小説を読んでいます。

休みは、体を休めるのも大事だと思いますが、
適度に体を使う、頭をつかうことによって
心地の良い疲れを得て、
快適な睡眠を得ることが、
平日への活力につながります。

さあ、明日から残り2日何をしますか?