So-net無料ブログ作成

昨日は大雨 [車]

北海道で昨日は大雨でした。





当然私の住んでいるところも雨で、




お盆明けに、車のスバルXVのフロントガラスに

xv.jpg



レインX(撥水加工)を塗った後の初めての雨でした。





会社に行くときに、車に乗って、ワイパーを動かしたところ、





ワイパーが、ブレることに気が付きました。





スバルの営業マンからは、アイサイトに影響が出るので、




撥水加工はお勧めしません。と言われていましたが、




ちょっと、フロントガラスの汚れが目立つようになってきたので、




自分なりに撥水加工を施してみました。





フロントガラスは水をはじき、視界はよくなったのですが、





ワイパーのブレがおさまりません。





もうちょっと、様子を見て、





ダメだったら、今週末にでも、




スバルに相談し、





撥水加工を剥がそうかなと思っています。





また、スバルXVのワイパーは特殊でまだ、ホームセンターでは
市販されていないそうです。




今日は、晴れということですが、





明日は、また雨ということで、




また観察を続けようと思っています。









nice!(17)  コメント(0) 

ウォータースポット落ちない [車]

昨日、車の洗車の洗車をしていました。




そこで気が付いたのですが、





車の窓に拭いても拭いても取れない水玉模様があるのに気が付きました。






ネットで調べると、水滴が、乾燥して、その水滴にある油分が残ってしまった




物だということが判りました。(ウォータースポット)


wh-ta.jpg


これはいかんと思い、近くのホームセンターで、何やら、ウォータースポットも取れるという






ふくぴか君なるものを購入し、試してみると、





全く取れない。




これは困ったと思い、今度は中性洗剤でやってみても、





全然変わらず。落ちない。




今日は、会社から帰ってきたら、酢で試してみようと思います。





皆さんは、どのようにして、車の窓をきれいにしていますか?





私は、今までで、こんなに汚れた経験がありません。





何とかして、落ちればいいなと、いろいろ


車の一か月点検 [車]

明日は、車の一か月点検です。





スバルXV を購入してから、早一か月。


xv.jpg


車は、快調に走ってくれています。





スバルXV にしてからアクセルを踏むことがめっぽう減りました。





それは、アイサイトのおかげです。

aisaito.jpg




一般道路でも、かなりの効果を発揮してくれています。






残念なのは、燃費があまりよくないことですが、






今、リッター13キロくらいです。





ハイブリッド車が多いこの時代には、この数字は






かなり悪いと映ってしまいます。






まあ、あまり出歩かない私には、こんなもんじゃあないのかなと。





この車、(今の車には標準装備?)には、サイドエアバッグ、歩行者用エアバッグ






膝用エアバッグ、前方エアバッグと全面的に安全装置が付けられていて、






金かかってんなあ。という感じです。






確かに、購入金額は、ナビ、オプションを付けて、320万位になりました。






昔でいえば、高級車が買える金額です。





今の車は、軽自動車でも200万位することもあり、





このクラスの車だと高くはないようです。





そして、明日、小樽へ、無料点検を受けに行こうと思います。





そして、何かいい本がないかと探してきたいと思っています。










アイサイトは素晴らしい。 [車]

昨日、土曜日にブリ釣りに出かけた時、




車で行ったのですが、この時、スバルXVで走っていました。

xv.jpg


何とか、90リッターのクーラボックスは積んで




道具は一通り積んでいけることが判りました。





これらを積載し、道路を走ること、1時間




何もない、海岸線をアイサイトを使用して走っていました。

aisaito.jpg


まずは、オートクルーズ、これがまた、速度を設定すると、




前車に一定間隔でついていくという機能で、




本当にアクセル、ブレーキは全く使用せずに




目的地までついてしまったのです。




また、車線維持機能があり、道路の線がはっきり認識できるところは、




ハンドルが勝手に動き、中央へ戻そうとする動きがみられます。




今回は、一般道では、線がところどころ消えかかっていてところが多く、




途中で、オフになってしまいましたが、




トンネルの中では、線がしっかりとしていたので、




ハンドルは、触っている程度で、




勝手に、ハンドルはカーブに追従していました。




試しに、ハンドルを放してみると、




警告音が鳴り、ハンドルをつかんでくださいという。指示が出ました。




こうしてみると、アイサイトは、ほぼ自動運転できるところまで、




来ていることが判ります。




運転の疲労は、ほぼありません。




これが高速道路では、大いに役立つことでしょう。




また、オートライト、オートワイパー、アドバンスセーフィティも付いており、




安全に走ることが出来る車となっています。




こういう車が、どんどん世の中に出れば、




交通事故を減らせるかもしれないと思わせた、車でした。



今日は洗車グッズを買おうかな。 [車]

雨の中の日曜日に納車して、





2日目、今日は洗車グッズを買おうかなと思っています。

sensya.jpg



何しろ、雨の中、初日に走っていたので、





車は、汚れています。





今日は、比較的、仕事は早く上がれそうなので、





近くのホームセンターに行ってみようと思います。





あまり、私は、洗車する方ではありませんが、





新車の輝きを少しでも保ちたいと思っているためです。





若いころは、日曜日に洗車している人を見ると、






他にやることはないのかと思っていましたが、(遊びに行けばいいのに…)





今、年を取ってみると、





日曜日に特別やることはなくなってきています。





本当に若いころは、バイク、ジェットスキー、などを大いに楽しんだものですが、





今は、どれもやっていません。





今は、釣りをたまにたしなむ程度です。





そうすると、自然に、家の草むしり、車の洗車などをして、





時間を使うことしかない自分にびっくりです。





今まで、車の洗車は、ガソリンスタンドの自動洗車機で行っていたのですが、





車の細かい汚れは取れませんでした。





結局、塗装面がはがれかけてきて、見るも無残な姿になってしまいました。





今回は、そうならないよう、自分で磨き上げてみようかと思います。





今日は、どんな洗車グッズがあるのか、





ホームセンターに行ってきます。





とうとう納車 [車]

昨日、とうとう納車しました。





スバルXVをディーラーで、受け取りに行ってきました。


xv.jpg


第一印象は、車が数字以上に大きい、また、スイッチがたくさんついている。





私のスバルXV は2.0Lというグレードで、





ナビは、純正のパナソニック製で、ナノイー付きです。




そして、セーフティーアドバンス付きです。




ハンドルには、オーディオ、クルーズコントロールが付いています。





営業マンの説明を受けながら、今までとは違う感覚を覚えました。





昔は、レーダーなどの安全機能は、後付けが多かったと思いますが、





この車には、すべて備わっているのです。





そして、説明も終わり、





最後に、記念撮影を営業マンがしてくれました。





何とも照れくさい感じでしたが、嬉しかったです。





そして、いざ、家に帰るための運転となります。





営業マンに見送られ、





道路に出て、走ってみると、





インテリジェンスモードということもあり、





出だしが、もっさりしています。





やはり、エンジンが非力かな?と思いましたが、





スポーツモードにすると、一転、なかなかいい加速をするではありませんか。





今は、慣らし運転ということで、4000回転以上はやめてください。





という営業マンの話があったので、





すぐに、モードをインテリジェンスに変え、





ゆっくりと走ることにしました。





ここで気になるのが、アイサイトの効果です。





オートクルーズにして、前車追従をしてみると、





これがまた素晴らしい。





一定の車間距離を保ち、ついていくではありませんか。





また、前車が止まると、勝手に減速、停止します。





この間は、全くアクセル、ブレーキを踏むことがありませんでした。





このアクセル、ブレーキを使う労力が減っただけで、





車の運転疲労がこんなにも違うものかと感動しました。





また、車線を見て、中央を走る機能が付いていますが、





これがまた、一般道路では、白線がない、もしくは消えかかっている道路が多いこと、





よって、勝手に、識別不可となり、スイッチが警告音とともに切れてしまいます。





やはりこの機能は、高速向けですな。





と思いきや、白線を認識した時には、ハンドルが勝手にアシストします。





そういう機能を堪能しながら、家に帰ってきました。





そして、すぐさま、神社でお祓いを受けて、





晴れて、家族の一員となり、





これからの活躍に期待しています。




また、今度は、室内の様子とか使い勝手などを記事にしてみます。












車の中を整理したら・・・ [車]

明日の納車に向けて、




今の車の中の物を整理していました。




トランクには、ハーネス、牽引ロープ、三角板、ダッシュボードには




CD,LEDライト、メガネケース、つまようじ、ティッシュ、買い物袋、




と様々なものがありました。





その中で、懐かしく思ったのが、




MDです。

md.jpg



もうすでに、MDは販売されておりません。




このMDには、自分でダビングした音楽が入っているのですが、




今はもう忘れてしまっていた物でした。





懐かしく思い、車で、聞いてみると、





もう10年前の出来事が鮮明に思い出されます。





この車に乗って、もう10年余り、





苦楽を共にした車だと改めて思います。





そんな車も、明日でお別れです。





愛着のある車でしたので、





別れが惜しいのですが、





経済的に、この車を乗り続けることが困難になり、





泣く泣く、明日、新しい車に代わります。





今まで、ありがとうという気持ちで、





今日、明日、最後にゆっくりと走らせ、






お別れしたいと心から思います。





PS,小林麻央さん、闘病生活お疲れさまでした。

あなたの勇気には驚き、励まされました

ご冥福をお祈り申し上げます。

車のお祓いは必要? [車]

車の納車まで、あと4日となりました。

xv.jpg


私は、以前から、車を換えたときには、




地元の神社で、お祓いを受けています。




それは、私の実家が農家ということもあり、




親から、幼いころから、そういうしきたりを学んできたからだと思います。




そして昨日、電話で神社の方に予約を入れました。




そもそも、車のお祓いは必要なのか?という点ですが、




これは、個人がどう思うかで、




お祓いを受けていない人がほとんどです。




私の実家では、農家ということもあり、




正月には、農機具にもしめ縄、、鏡餅をお供えし、




正月を迎えたという風習があります。




まあ、爺さんが開拓民の子供で、農家、ばあさんが、同じく開拓民の漁師





の出で、やはり、日本には、すべてのものに魂があると考えていたからだと思います。





確かに、漁師の世界では、船に祈祷などは当たり前になっています。






そうしたことから、私は普通に車のお祓いを受けることに




抵抗なく、受けています。





また、神社に行くと、




あの空気感が、何とも言えないような、落ち着くような気がします。




車のお祓いは、酒と塩を車のタイヤにお清めとして使うようです。





これを受けたとして、事故がないというわけではありませんが、





気持ちの問題で、




今、新しく車が替えられた、または、これからお世話になるという意味では、




感謝の気持ちがありますので、




お祓いを受けて、気分を一新に新しい車と


あと一週間車持つかなあ。 [車]

来週の日曜日まであと一週間となりました。




来週は、車の納車になります。




車は、スバルXVになります。

xv.jpg


今乗っているアウトバックが11年を迎え、




走行距離が101000キロになっています。




本来であれば、タイミングベルト、を交換して、




まだまだ、乗り続けたかったのですが、




他にも、エンジンのガスケットからオイルの滲み、ウォータポンプ、




に異常が出てきていて、全部交換すると、40万円位かかってしまうとのことで、




泣く泣く、新車購入に踏み切りました。




スバルXVは3月から先行予約していましたが、




納期が3か月くらいになるということで、




私が、3月の末に予約して、6月の末という結果です。




なんでも、スバルは、納期が遅いというので最近は有名です。




工場は、フル操業で、間に合っていないのが現状です。




では、海外の工場で作ればいいのではと、




営業マンに話したところ、このスバルXVは日本の工場でしか作っていないそうです。




この日本で作ったものを海外に輸出しているそうです。




今、スバルは、販売台数は伸びているものの、




大手のトヨタ、日産に比べれば、比較にならないほど規模は小さいです。




そんなスバルをなぜ選んだかというと、




私は、最終的には、人で選んだというしかありません。




今私の担当している営業マンは、誠意の塊としか思えないような人で、




その人を信じて購入している節があります。




スバル自体の車も魅力はありますが、




他のディーラーにはない細かい気配りが見受けられたような気がします。





来週まで、今の車が無事であるよう、祈りつつ、




ソフトに乗ることにしています。




スバルXVの納車 [車]

3月29日に先行予約したスバルXVの納車の日程が決まりました。




なんと、6月17日からとのことでした。




3か月弱待ってのことでした。




そして、日曜日の6月18日に納車かな?と思いきや、




営業マンから、18日は、仏滅ですので・・・




と言われ、次の週になりそうです。





今の車が、壊れる前にと、今回車を購入したので、




真だ、と余裕はありますが、




納車には、長い期間待っていました。




スバルXVは、フルモデルチェンジということで、




何かと話題になりました。




インプレッサからのプラットフォームが新しくなり、




車体の剛性が高くなり、走りに磨きかかかったようで、




更に、室内の質感がより高まった感じになっています。




今、私は、アウトバックに乗っていますが、




乗り換えることに違和感なくできるのは、これしかないからだと思ったからです。





それは、私の住んでいる地域は、豪雪地帯で、





雪が大量に降ると、除雪が間に合わない道路もあるためです。





そんな中を会社に行くためには、最低地上高の高い車が必要です。




更に、車庫の高さの制限もあるため、




車高の高さにも制限があります。




これを満たしてくれたのが、スバルXVというわけです。




他社でも、この条件に合った車があれば、




飛びついたことでしょう。




一時期は、プリウス4WDもいいかなと思っていましたが、




最低地上高が低いため、やめました。




今回、納車待ちのスバルXVの色は、




あえて、人気色をやめて、黒にしました。




私自身、あまり目立ちたくなかったからです。

xv.jpg


それに、また、長く乗っていて、飽きが来ない色だからです。




あと、一か月には、納車です。




楽しみにしながら、





待つことにしています。

新型XV予約しました。 [車]

4月6日に発表された、


スバルXV を予約しました。

xv.jpg


今乗っているアウトバックが、どんどん燃費が悪くなり、


タイミングベルト、ガスケットの交換を迫られているためです。


この費用が、30万円位かかるそうです。


このため、車を購入することにしました。


いざ、スバルのディーラーへ、


当然、新型スバルXVはまだ、展示されておらず、



代わりに、インプレッサに試乗させてもらいました。(1.6L)
sinngata.jpg


今のスバルはアイサイトなるものが付いており、



カメラで、先行車に追随して走るという機能が付いています。



一般道で試すと、



本当に、自然につていき、加速減速も自らコントロールしていきます。



最初は、ブレーキに足を載せて、いるでも踏める体制をとって



緊張していましたが、



慣れ来ると、



アクセルコントロールを必要としないことが、



こんなに体に疲れを生じないものかと驚きました。



また、インプレッサは新しいフレームを採用したことで、



路面への吸いつきが格段に向上されています。



私が載った、1.6Lですが、80キロくらいまでの加速は、



普通に遅くもなく、速くもありませんでした。



まあ、実用的には、問題ないのでしょうね。



新型XVは、どのような仕上がりになるのでしょうか。



今の、アウトバックには、冬道で絶大な走破性でお世話になった経験があります。



それは、5年前、猛吹雪で、結婚式で妻を迎えに行き、


帰ってくる途中、



吹き溜まりで、雪が道路を完全に遮断していました。



この時は、国道が通行止めになったばかりで、



その時、走っていたのが私たちです。



積雪は多いところで、70センチ位あったのではないかと思います。



引き返そうにも返せず、ひたすら、雪をかき分けて走っていました。



その途中、なんとランクルが、雪に埋まっているではないですか。



中に人はおらず、もうすでに退避していたのでしょうね。



こんな道をわがアウトバックは、




ボンネットに雪が舞いながらも、


私たちを家へ運んでくれた、頼もしいやつでした。



こうして、私はスバルを心底信頼することになり、


今回新型XVを購入することになりました。



納車は6月中ということなので、



納車したら、また報告いたします。





新型インプレッサ 価格はいくら? [車]

昨日、私のもとにパンフレットが届きました。




スバル社の新型インプレッサのパンフレットです。

sinngata.jpg


私はスバルの車を乗っていますので、




お客さんに対しての営業だと思いますが。




このパンフレットを見て、




正直、インプレッサが格好良く見えました。





私のインプレッサのイメージは




レガシーより、ランクが一段劣るとみていました。




しかし、このパンフレットを見る限りでは、




レガシーよりもいいのではと思います。





それは、プラットフォームが一新されたということで、




走りに違いがあるという。




この情報は、ネット上でも騒がれています。




来年、来るかを購入しようかと私は思うのですが、




このインプレッサを買おうとは思えません。




何故なら、最低地上高が低いからです。




私の住んでいる町は、雪が多く、




除雪も間に合わないくらい、降り積もるので、




最低地上高の高い車を狙っています。





また、先行予約といって、




募集をかけていますが、




スバルのホームページを見ても




価格が載っていません。




更に、スバル独特の、




数年にマイナーチェンジを行い熟成されていくということを見ると、





すぐに購入というのは、





疑問が残ります。





ちなみに、私は、モデルチェンジ前の型を購入していますが、




熟成されて、素晴らしい仕上がりになっていると思います。




新型インプレッサのXVに期待しています。







来年は車の購入しないとダメかなあ。 [車]

今、スバルのアウトバックに乗っているのですが、

今年車検を受けて、

走行距離が9万キロ走っているので来年には10万キロ

を超えると、タイミングベルトを交換しなければならないそうで、

この費用が12万円になると言います。

また、エンジンヘッドからもオイルがにじんでいるとの指摘、

これも、ガスケットを換えると、10万円以上の費用がかかると

言われました。

長年、愛用していた車がどんどん費用がかさんでいくようになりました。


そこで、来年には車の購入を考えていますが、

同じ、アウトバックを購入となると、

yjimageEAIQPWAT.jpg

400万越えです[もうやだ~(悲しい顔)]

とても、購入できるような金額ではありません。

また、車検時に代車のXVに乗ってみましたが、

yjimage3QSHS11Z.jpg

車自体は乗りやすく、

スバルのアイサイトの機能にびっくりしました。

アイサイトは、カメラによる、車の自動運転と言えるような機能で、

速度を設定するとアクセルを踏まなくても勝手に走っていく、

また、前走車に一定の距離で加減速していくというものです。

この機能で、いかにアクセルを踏むという作業が 疲労を生むということがよくわかりました。

この車はおもしろいなあ。と思い、

値段を調べると、

やはり高い、

もろもろ込みで300万円オーバー

私としては、スバルの車が好きなので、

次もスバルにしたいと思いますが、

この頃のスバルは、業績が良いせいか、

値引きもしてくれません。


この際、別のメーカーにしようかと考えています。

また中古車でもいいかなあ、と思いますが、

過去の中古車を購入した経験がありますが、

どれも、2~3年で修理を受けています。

来年まで車高が低く、最低地上高の高い車が

出てくればいいなと思う毎日です。

フォレスターに乗ってみました。 [車]

車の点検に行ってきました。
ディーラーまで1時間のところに私は住んでいます。

車を走らせ、ディーラーに着くと、
毎回、いつもどおり代車を用意してくれていました。

これは、点検している間、時間があるので、
買い物でもしていたらどうでしょうか。
と粋な計らいで、素直に甘えさせていただくことにし、
スバルフォレスターに乗り、
買い物へ、

いざ走りだすと、2リッターとは思えない程の
トルク感があり、進化したなあ。
と思いながら、ハンドルを着ると、
これまた、ショックがいいのか、
ボディがロールすることなくキレッキレでした。

到着地にて、ドアを開こうとすると、(重い){突風の対策だそうです。}
なんでこんなに重いのか?

そして、今流行りのアイドリングストップ、 アイサイト、Xモードとこれでもかと言わんばかりに
主張してきます。

点検が終わったと連絡があり、
ディーラーへ戻り、

営業マンに素晴らしい車だね。
と言って、
後にしました。

これもディーラーの戦略なのだろうけど、
やはり新しい車は、
最新の知恵が詰まっているなあと
思いながら帰路につきました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。