So-net無料ブログ作成
検索選択
人間関係 ブログトップ

同僚が転職 [人間関係]

また、同僚が、転職したいとのことで、





話がありました。





理由は、給与が少ないのと、人間関係に疲れたということ、

ninnge.jpg



給与は、会社で、決められているので、どうしようもできませんが、





人間関係は、何とかしてやりたいと思いますが、





一度、こじれた人間関係は、修復するのは、





簡単ではありません。





会社のためと思って、叱咤激励をするのはいいと思いますが、





度が過ぎると、会社の為ではなく、自分のプライドを守るためだけになり、





相手を委縮させてしまう恐れがあります。





今回の人間関係はこんなことだそうです。





転職したいと言っている彼は、






人間関係をこう言っています。






自分がやろうとしていることを頭から、否定され、





困ったときにでも、協力をしてくれないとのことです。





それには、原因があり、






過去にと言っても、3年位前の出来事が、後を引きずっているようです。





その出来事というのは、





仕事で失敗し、そのことを、助けるわけでもなく、





ただ、感情的にののしられ、それに反省していたのですが、






さらに追い打ちをかけるべく、周囲に彼の悪口を言いふらす始末。






そんなことをされた、過去があり、





それを根に持っている様子でした。





私としては、仕事には、まじめな彼が辞めてしまうのは、






もったいないと感じ、何とかしてやろうと思っています。





私の経験では、同じ部署にいるのは、つらいでしょうから、





他の部署ではどうかと悩んでいます。





私自身、人間関係に悩んだ時期はあります。(いまもそうですが、)





私自身の解決法は、会社にいる以上、他の人を過剰評価しないということ、





また、人は、自分が一番かわいいのですから、





そんな人を、自分と一緒だとは思わないようにしています。





会社にとっては、社員の人間関係は、どうでもいいことです。





仕事をして、会社の貢献をしてくれれば、





それなりのポジションに着くことが出来、





それなりの収入につながります。





冷めた言い方ではありますが、





現状はそんなものだと認識しています。





これは、民間だけではなく、公務員も同様だと思います。





現に、公務員の自殺者もあるわけですから。





そんなこと頭に置きながら、転職を考えている彼には、





また話を聞いて彼が納得できるような、方向に進めてあげたいと思っています。






今の時代は… [人間関係]

今の時代は、会社に取って、大きな変化がある時代ともいえます。




それは、働き方の変化、社員の思想、トップダウンの変化。




昔は、社長がいて、その指示にすべて従うというもので成り立っていました。




社長は、当然、社会に貢献するとともに、会社の利益を上げるべく、




戦略を練って、経営しています。




そこまでは、今の会社と何ら変わりないのですが、




その下にいる部下たちの変化が最近見られます。




部下たちは、会社の方針に従って、働くわけですが、




現代の部下たちは、違った視野を持ち、働いています。




違った視野とは、




会社はここだけではない。




会社は、生活するための手段に過ぎない。




会社で頑張っても、自分の所得に何ら変わりはない。




残業はしたくない。




人間関係で疲れる。


ninnge.jpg

など、様々な社員を見てきました。





私の世代は、会社の為にと、教育されてきたので、





ちょっと、今の社員には疑問を持つことがたまにあります。





その中で、社員同士で、いがみ合う人間関係。





今も、人間関係で、悩んでいる人が、相談に来ます。





話を聞くと、





上司に、怒鳴られた。





上司に、意見を言ったら、お前はいらない。




など言われ、会社を辞めようとするものもいます。




私の意見からすると、





その上司は、その人のためを思ってい言っていることが




多いと思われますが、




今の上司では、感情をぶつけているだけの人もいます。





言われた社員も、言われ慣れていないせいか、




かなり、深い傷を負います。




そして、会社を辞めようとするのです。




双方の意見を聞いていると、さも、自分が真っ当だという意見になります。




私から見ると、今の時代、個人をよく見極め、




教育する必要があると思います。




今の時代は、個の主張が大事とされてきている時代ですから、





本当に、個人の能力、年齢、性格、時代背景、などを客観的に判断し、





それに合った、教育を行わなければならないと考えます。




人を使う側、使われる側、とともに人間関係は




ますます複雑化していくでしょう。




しかし、会社は、方針に沿って、社会に貢献していかなけらばならず、




人間関係まで、フォローできるような会社は存在しないと思います。





今の時代は、昔と変わらず、出る杭は打つ。





といったことが平然と行われています。




これは、人間の嫉妬心から来ているもので、




これからも続くでしょう。




新入社員も、上司の方も




お互いに、個人をよく知り、




不毛な人間関係をやめて、




前向きにとらえていきましょう。




本当に、人間関係で悩んでいるは暇はもったいないからです。




特に上司の方は、社会経験を積んでいる先輩であるからして、




部下には、それぞれ個人を尊重するような教育を施してほしいと考えます。











職場でどうしても合わない人っていますよね。 [人間関係]

職場でどうしても合わない人っていますよね。

会社に勤めていると、
社長から始まり、役員、部長、課長、係長、主任と
上司だけでもこれだけの役職が複数います。

また、自分の周りには、
先輩、同僚、部下、とたくさんいます。

人が集まるとどうなるか。
必ず、価値観、考え方、などの違いが出てきます。

そうなると、
自分とは違う考え方、価値観、が合わないと、
当然、「あの人は苦手だ」、「あの人は嫌いだ。」
と、思うようになり、
そう思うことで、
相手には近づかなくなります。

しかし、
このようにコミュニケーションが取れなくなると、
どんどん、深みにはまっていきます。

それは、コミュニケーションが取れないと、
相手にも何も伝わらないからです。

伝わらないということは、
現状維持、もしくは、もっと相手を苦手意識が強くなります。


こうならないようにするには、
やはり勇気を持って、
話すことが重要です。

「話すと相手に嫌われてしまう。」
「話すと、叱られる。」
「話すと、また、言い争いになる。」

と言ったことを想像してしまいますよね。

当然です。
誰でもこのようなことを想定します。

この想定が
話すことを邪魔しています。

もうすでに、苦手な人なのですから、
話すことはものすごい勇気が必要です。

もし、あなたがこの苦手な人を克服したいと思うのでしたら、
勇気を持って、話しましょう。
意外と相手の知らないことが理解り、
苦手意識は薄れていくものです。

(たとえ上司であった場合も)

また、こういう人間関係で、
会社を辞めていく人もいます。

こういう人は、
また、次の会社でも同じ悩みを持つことななります。
それは、解決していない、または解決方法がわからないので、
また同じことを繰り返す。

もし、自分が人間関係で悩んでいるのあれば、
周りの人に相談、上司に相談、
そして、相談して得た情報を
勇気を持って、実行するまでです。

こうして書いてきましたが、

結論としては、
ただ、相手と話すだけです。

こんなに原始的な方法を
実行するかです。

もし、あなたが実行した時には、
人間関係は改善されますし、
人間として成長できます。


人間関係は人である以上、生きている以上ついてきます。


頑張れとは言いません。

ただ話すことだけ

是非やってみてください。

人間関係 ブログトップ