So-net無料ブログ作成
秘境駅 ブログトップ

秘境駅と言ったら小幌駅の崖の下にはまた秘境 [秘境駅]

今北海道の小幌駅が話題になっています。

yjimage.jpgko.jpg

無人駅のJR室蘭線小幌(こぼろ)駅(胆振管内豊浦町)が
廃線になるという話が出たところ、
シルバーウィークの20日には大勢の人が
訪れました。


小幌駅はトンネルとトンネルの間の約80メートルの谷間にあり、
崖と海に囲まれています。
1943年(昭和18年)に列車がすれ違うための信号場として設置され、
87年に駅になりました。

当時は、崖の下に海があるのですが、
ここで漁を行う民家があったそうです。

その民家が無くなり、今では、
人一人も降りること無く、
完全な無人状態です。


更に、崖の下を降りると、
小幌洞窟があり、
そこに江戸時代前期の僧、円空が彫った 仏像が置かれていた観音堂があるのです
(今は、仏像は他の場所に保管されているそうですが、)
yjimageQXHQKUXV.jpg

この観音堂だけでも相当な歴史価値があると思います。


まさに、日本一の秘境駅とうたっている
のも頷けます。

今は、存続を求める声が多くなってきていることから
今後見続けたいと思います。


秘境駅 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。