So-net無料ブログ作成
検索選択
小6少女特許 ブログトップ

小6少女が特許取得。 [小6少女特許]

小学6年制の少女が特許を取得。
なんでも、空き缶のスチール缶とアルミ缶を分別できる
ゴミ箱を開発したということです。

このゴミ箱のからくりですが、
缶を入れる投入口に磁石を付けて、
缶を判別する仕組みです。
original.jpgiine.jpg

ただ、磁石をつけるだけでは、
缶は磁石にくっついてしまうということから、
更に、缶の落ち口に、プラスチック製の板を
30ミリの長さで装着したことにより、磁石にくっつくこと無く
分別しながら、底へ落ちるという仕組みです。
このプラスチック製の板の長さには試験をした結果、
辿り着いたのが30ミリということです。

彼女は、スーパーの経営者のおじいさんを助けたい
ことから、発明したそうです。
スーパーでは、缶のゴミ箱があり、
おじいさんはそのゴミ箱に入った缶を分別している姿を見て
彼女は考えたそうです。

まさに、人を助ける=仕事です。

ビジネスとは、本来こうあるべきものです。
人が困っていることを助けるのが仕事で、
あるコマーシャルでも「自分の仕事は誰かの役に立っている」とありました。

本当にそう思います。

特許取得には、経費はかかりますが、

経費以上の効果を生み出すものだと思います。

彼女は他にも様々な発明をしているらしいのです。

これから彼女の発明に期待しています。
小6少女特許 ブログトップ